賃貸の退去の際は

賃貸契約解約の際には

賃貸物件を解約する時期

置かれている状況によっては、その人が住まう住居というのも違うものです。賃貸物件を選ぶ人もいれば、購入できたりして自分で所有できる人もいることでしょう。借りることを選んだ場合には、多くの人が自分の都合で住む時期などを決めていくことになります。学生などでは時期がわかりやすいものですが、そうでないとわかりにくいこともあったりして、突然引越しをするということにもなりかねません。賃貸物件を解約するには、その物件によって1ヶ月前とか、2ヶ月前といった取り決めがあったりするのです。ですから、引越しの予定が立ったら、早めに不動産会社に申し出るようにしましょう。

物件を解約するときの注意点

賃貸を解約しようとするとき、不動産会社に前もって「いついつに退去します」ということをを書面を持って提出しなければなりません。その「退去届」はたいてい、その物件を契約したときの契約書についているはずです。そして、この時の注意点ですが、退去をする一か月以上前に言うと、お得なのです。当月に退去届を提出し、当月に退去はできることはできますが、賃貸料はきっちり一か月分徴収されてしまう場合がほとんどです。必ず前月に退去の連絡をしましょう。不動産会社も、退去するということが分かっていれば、次の入居者を早めに募集することができるということで、退去の届けはお早めに!

↑PAGE TOP